こんにちは

トップページ

当サイトは一部プロモーションを含んでおります

はじめまして。おうち英語歴約4年のごろたママと申します。ブログに訪問いただき、大変ありがとうございます^^

当ブログではおうち英語(家庭でできる英語教育を行うこと)を続けて効果を実感している私が、おうち英語初心者の方のお役に少しでも立ちたく情報を発信しています。

日本に居ながら子どもを英語ができる子にするためには、家庭の中で子どもが英語に触れる時間を作ることが大切です。つまり、おうち英語の時間を作ることが重要です。

当ブログではおうち英語初心者に知ってほしい以下の内容をメインにお伝えしています。

おうち英語で子どもをバイリンガルレベルにするのはなかなか難しいです。

しかし、子どもが英語を好きになり、子どもが自ら英語をもっと学びたいと思える時までおうち英語を続けることは不可能ではありません。(親の頑張りは多少必要です!)

コツコツ続けた英語のインプットは子どもへの大きなプレゼントとなります。

英語だけが全てではありません。

しかし、英語ができると子どもの選択肢は確実に広がります。人生はもっともっと豊かになります!

もしあなたが子どもの英語力を育みたいと考えているなら、気軽におうち英語を始めませんか?

<英語教材キャンペーン情報>
画像をタップしてください。

1. おうち英語について知ろう

ここではおうち英語について詳しく見ていきます。

① なぜおうち英語が必要なのか

子どもが英語英語を習得するために、なぜおうち英語が必要かと言うと小中高で習う英語学習の時間だけでは圧倒的に時間が足りないからです。

学校教育以外でどのくらいの英語学習時間が必要かと言うと約1,000時間です。

英語習得に必要な学習時間が2500時間ですから、学校の授業では足りない「プラス1000時間」を何らかの方法で達成する必要があるのです。

引用元:船津徹『世界で活躍する子の〈英語力〉の育て方』(大和書房、2019年)

子どもに英語を習得させたいと考え、英会話スクールに通わせる人も多いですが、週1回程度の英会話だけでは英語力がなかなか上がりません。

もし幼児の頃から英会話教室に10年通ったとすると、英語の学習時間は4回/月×12回/年×10年=480時間。10年通っても1,000時間には届きません。

英会話スクールだけでは圧倒的に英語に触れる時間が短いのです。

しかも月8,000円の月謝だとすると8,000×120=960,000円のお金が無駄になります。

英会話教室は多くの場合アウトプットがメインです。英会話教室以外に英語に触れる時間を持てなければ英語をインプットすることができず、アウトプットにもつながりません。

週1回の英会話教室よりおうち英語の方が子どもの英語力がつきやすいです。

② おうち英語のデメリット

ここではおうち英語の4つのデメリットをお伝えします。

  • 1. 正解が無いので不安になる
  • 2. 日本語の発達に影響が出るか心配
  • 3. バイリンガルになれるとは限らない
  • 4. 子どもが英語嫌いになる可能性がある

子どもが幼いうちから英語に触れると日本語の発達に影響が出るのでは…と不安になる人もいますが、日本語に影響が出るほどの英語漬けの環境を作るのはなかなか難しいです。

おうち英語の効果が出ないと「これでいいのかなぁ?」と不安になることがありますがおうち英語はじっくりコツコツが基本!焦らずに取り組みましょう。

おうち英語では子どもが英語を楽しいものだと感じ、英語を好きになってもらうことが最重要です。「無理やりやらせる」は絶対NGです。

各家庭のやり方で楽しく英語に触れていきましょう。

③ おうち英語のメリット

ここではおうち英語の5つのメリットをお伝えします。

  • 1. 子どもが頑張らずに英語力を身につけることができる
  • 2. 英語学習にかける金額・時間が節約できる
  • 3. いつでもどこでも実践できる
  • 4. 将来の選択肢が広がる
  • 5. 親の英語力がUPする

家庭でおうち英語を行う際、まずは子どもに英語を好きになってもらうことが第一の目的です。

おうち英語では英語に触れる環境を作りますますが、基本的に子どもに頑張らせることなく英語力を身につけさせることができます。

例えば、息子には英文の作り方を教えたことはありませんが、折り紙を見せながら「This is not a real piano.(これは本物のピアノじゃないよ。)」程度の英語を話すことができます。(当時4歳)

おうち英語を行うことで子どもの英語学習にかける金額が抑えられ、かつより高いレベルの英語力を身につけやすいです。英語力をつければ子どもの将来の選択肢も確実に広がります。

おうち英語のメリット・デメリットについては次の記事でより詳しく解説しているので興味があれば見てみてください。

④ おうち英語の方法

おうち英語にはいろんな方法があります。そして正解はありません!ご家庭に合ったやり方・ご家庭でできる方法に取り組んでいきましょう。

  • 英語のかけ流しをする
  • 英語絵本を読む
  • 英語の動画を見る
  • 英語で語りかけをする
  • 英語のおもちゃで遊ばせる
  • フラッシュカードを利用する
  • アウトプットの場を作る

すべてを行う必要はありません。できることから始めましょう。

おうち英語の基本はインプット!まずはとにかくインプットです。

おうち英語を始めて時間が経つと「子どもが英語を発語しない…」なんて悩む方も多いですが、No problem!

お子さんはじっくりゆっくり英語をインプットしています。おうち英語は長い目で見てどっしり構えてやっていきましょう。

「で、結局何から始めたらいいの?」とお困りの方は幼児向けの英語教材を使うのがオススメ。英語教材があればおうち英語を効率的に進めることができます。オススメの英語教材はこの次に紹介します。

おうち英語の方法・進め方については次の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。

2. おうち英語に使う教材を選ぼう

幼児向け英語教材には様々な種類の教材があり、子どもに合った英語教材を使えば効率よく英語力を伸ばすことができます。

子どもの英語教育に英語教材は必須ではないですし、英語教材を使えばそれで英語教育は終わり!とはなりません。

しかし、子どもが英語に親しみ、好きになるための最初の導入として英語教材を使うのはオススメです。英語を好きになった子どもは教材を終えた後も自ら英語学習を続けていけますよ。

次の記事では幼児向けの英語教材をタイプ別に紹介しています。英語教材に取り組むことを検討している方、どんな教材があるか気になる方はぜひ見てみて下さい。

また、次の記事ではお得な教材サンプルがもらえる教材にしぼって紹介しています。日々のおうち英語にも使えるもらってうれしいお得なサンプルです。合わせてご覧ください。

3. 英会話スクールを利用しよう

英語のインプットがある程度できた後、アウトプットの場として英会話スクールを利用するのがオススメです。

英会話スクールを利用する場合、オンライン英会話スクールか対面の英語教室のどちらかを選ぶことになります。

① オンライン英会話スクール

オンライン英会話スクールを目的別、そして個別にそれぞれ紹介します。

オンライン英会話を初めて利用する時は緊張するかもしれませんが、親子とも徐々になれていきますよ♪

1. 目的別にオンライン英会話スクールを探す

それぞれリンク先の記事で詳しく紹介しているので興味のあるものをチェックしてみてくださいね。

同世代の仲間の刺激を受けながら楽しいグループレッスンを受けさせたいなら
▶子供がグループレッスンするならここ!オンライン英会話を8社を徹底比較

25分のレッスンに集中できない子にオススメのレッスンは
▶子どもが15分以下で受講できるオンライン英会話スクールはこの3社!

日本人講師から英語を学ぶのが合っている子なら
▶子供に最適!日本人講師から学べるオンライン英会話スクール5選

2. 個別にオンライン英会話スクールを探す

息子が実際に体験したオンライン英会話サービスを紹介します。

サービス内容や体験して感じた感想をまとめているので気になるスクールをチェックしてください。

子どもの英語のインプットがまだ不十分だと思ったり、子どもが画面の前でじっとしていないなどオンライン英会話を受ける体勢に無ければ焦ってアウトプットの場をもうける必要はありません。

次の記事ではオンライン英会話を始める前に考えてほしいことについてまとめています。合わせてご覧ください。

② 英語教室

対面の英語教室はオンライン英会話サービスよりも料金は高くなります。

しかし、講師や教室のお友達と直接会ってコミュニケーションできる点に大きなメリットがあります。

楽しく英語に触れさせたいなら検討してみてください。

ネイティブと日本人のW講師で効率的に英語を学べる英語教室
▶ミキハウス英会話くらぶ

4. イングリッシュキャンプに参加しよう

イングリッシュキャンプは子どもが数日間英語漬けの環境に身を置くことができます。

英語力が上がるだけでなく、共同生活を通して子ども自身の成長にもつながります。

滞在型のイングリッシュキャンプの参加条件は小学生以降がほとんどですが、2024年開催のイングリッシュキャンプについて次の記事にまとめています。

5. おうち英語に役立つ情報

その他おうち英語に役立つ情報をまとめています。

おうち英語に関するオススメの書籍を紹介
英語の歌のかけ流しなら始めやすい
無料で見れる英語チャンネルは沢山あるよ
おうち英語に英語絵本は必需品!
英語絵本はメルカリで安く買える!
1つあれば長くくり返し使える
プライムビデオを使うのもオススメ
安くて使えるCDプレーヤーはコレ!

6. 我が家のおうち英語

私が息子におうち英語を少しずつ始めたのが1歳頃です。簡単な英語の絵本を読んだり、You tubeで英語の歌を聞かせたりしていました。

ここでは我が家のおうち英語にかかった費用とおうち英語の効果についてお伝えします。

① 我が家のおうち英語費用

息子が1歳頃から5歳の約4年3ヶ月でおうち英語にかかった費用は138,808です。

単純にトータル費用を期間で割ると138,808円÷51ヶ月=2,721.7。おうち英語の費用は月2,700円程度かかっているということになります。

費用の多くはDVD教材や絵本なので今後も使えるものも多く、今のところ費用を抑えて子どもの英語教育ができています。

おうち英語費用の詳しい内訳と英語教育費用を抑えるコツについては次の記事にまとめているので興味があれば見てみてくださいね。

② 我が家のおうち英語効果

現在5歳の息子の英語力はまずまず…といったところです。(英語力を人に伝えるのって難しいんですが><)

英語の動画や絵本を楽しんだり、私の英語を理解して一緒に簡単な会話ができたりと英語を英語で考える力はついていると感じます。

子どもと英語でいろいろ楽しめる時間が増えてきているので、おうち英語をコツコツ続けてきて良かったな~とつくづく感じます。

おうち英語はとにかく継続することが大事です。私自身、今後も子どもの成長とともに、より工夫しながら英語に触れる時間を作っていきます。

これまでのおうち英語の効果については以下の記事にまとめているので良かったら見てみてください。

おうち英語は決して楽なものではないです。親の頑張りも必要です。しかし、できないことではありません。続けることで必ず効果はあります!

一緒に「おうち英語」頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました