【おうち英語のオススメ本】おさるのジョージ ピクチャーディクショナリーについて解説

子どもにいろんな英単語を教えたい

子どもに英単語の意味を英語分かりやすく説明したい。

そんな人にオススメするのはピクチャーディクショナリー。ピクチャーディクショナリーとは小さな子どもが楽しく英単語を学ぶための絵付きの英語辞書です。

ピクチャーディクショナリーが無くてもおうち英語はできるけれど、あるととっても便利です!曖昧に知っている単語を再確認したり、新しく学んだりするのに役立ちます。子どもだけでなく大人も読むと勉強になりますよ。

当記事ではオススメのおさるのジョージ ピクチャーディクショナリーを紹介します。

ごろたママ
ごろたママ

ピクチャーディクショナリーは長く使えるからコスパ良し!とことん使いこなそう♪

1. おさるのジョージ ピクチャーディクショナリー概要

Curious George’s Dictionary

価格2,453円
学べる単語数約600語
対象年齢未就学~1年生くらいまで
サイズ約H28.3×W22.3×D1.3cm
※おさるのジョージ公式オンラインショップの提示価格

おさるのジョージのピクチャーディクショナリー。みんなが大好きなジョージの辞書なので子どもがすんなり受け入れ、手にとりやすいです。英単語がアルファベット順に並んでいるので調べやすいのが特徴。毎日少しずつ読んでいくと知っている英単語も増え、おうち英語を充実させることができますよ♪

絵を見れば単語の意味がすぐに理解できるものは絵と単語のみ書いてあります。例えば「alligator(ワニ)」「thumb(親指)」「draw(描く)」など。

例文があった方がいいものは絵と単語と例文で分かりやすく説明されています。例えば、lateは「George is late for the bus.」という例文と絵。enoughは「The giraffe is tall enough to reach the leaves.」という例文と絵が書かれています。例文で英語の文章に触れることでさらに理解を深めることができます。

< ポイント >
  • 600語の単語が学べる
  • すべてカラーページでA~Zの順で紹介されている
  • 絵だけのものが約半分、残り半分は絵と例文がついている
  • 家にあるだけで可愛い!そして勉強になる!
ごろたママ
ごろたママ

親子で一緒に楽しんだり、子どもが手に取って眺めたり、使い方はいろいろ!

2. ロングマン ピクチャーディクショナリーとの違い

ピクチャーディクショナリーの中でも人気があるのがおさるのジョージのピクチャーディクショナリーとロングマンのピクチャーディクショナリー(◀詳細記事)です。

Longman Children’s Picture Dictionary

どちらを購入するか迷うと思いますが、正直どちらもオススメです。

ロングマンの方は単語に対する例文はありませんが、カラフルな絵や写真を通して単語を知れたり、アクティビティを通してより理解を深めることができます。

おさるのジョージロングマン
価格2,453円約2,800円
学べる単語数600語800語
対象年齢未就学~1年生くらい6~12歳
本の形態ハードカバーペーパーバック
サイズ約H28.3×W22.3×D1.3cm約H28×W21.6×D0.7cm
単語の紹介の仕方A~Zの順に単語を紹介テーマごとに単語を紹介
内容おさるのジョージの絵と例文カラフルな写真やイラスト
アクティビティを通して理解を深める
※記事作成時の価格。価格は変動します。

おさるのジョージもロングマンも違った魅力があるんです!まずはより気になる方を購入してみてください。2冊持つのもアリ♪ピクチャーディクショナリーは長く使えるのでコスパはいいですよ。

ごろたママ
ごろたママ

対象年齢はそんなに気にしなくてOK!

3. まとめ:おさるのジョージと一緒に英単語を学ぼう!

おさるのジョージ ピクチャーディクショナリーは絵と例文で英単語を分かりやすく学べます。絵が書いてあるので子どもが手にとりやすく、眺めるだけでも楽しいです。買って損はないので、ぜひおうち英語に取り入れてみてくださいね。

ごろたママ
ごろたママ

ピクチャーディクショナリーでおうち英語を充実させよう。

>>当ブログオススメ!おうち英語教材ミライコイングリッシュについて見てみる

>>おうち英語教材を探すならこちら

\ポチッと応援お願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました