幼児にオススメのピクチャーディクショナリーはロングマンに決まり!

ごろたママ
ごろたママ

こんにちは。息子におうち英語を実践中のごろたママと申します。

「ピクチャーディクショナリーは本当に必要??」

「ピクチャーディクショナリーってどれを選んだらいいの?」

と悩んでいませんか?

この記事では、購入して大満足だったAmazonのベストセラー 1位の「Longman Children’s Picture Dictionary」についてご紹介します。

ピクチャーディクショナリーには単語と一緒にイラストや写真が載っています。

目で見て楽しみながら語彙力を伸ばすことができるので持っておくと便利なアイテムです。

ピクチャーディクショナリーの購入で悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね。

1. Longman Children’s Picture Dictionaryはオススメ!

我が家で購入したのは、Longman Children’s Picture Dictionary(ロングマン子どもピクチャーディクショナリー)です。

特徴

①800の単語を収録!

②子どもの日常生活に身近な50のテーマを通して、基礎英語が覚えられる!

③カラフルで豊富なイラストと写真が楽しい!

④CD2枚付きで歌やチャンツを交えながら楽しく学べる!

対象年齢は6~12歳のようですが、3歳の息子でも楽しめました。

おうち英語で英語に親しんできた子であれば、6歳より下でも使えますよ!

初めて英語に触れる子であれば、次項 「2. Longman Young Children’s Picture Dictionary との違い」で紹介する幼児向けがオススメです。

ピクチャーディクショナリーのいいところは、気負わず本を眺めながら自然に単語を覚えていけるところです。

フラッシュカードだと構えてしまい、子どもがやりたがらないこともありますよね。
(私自身、フラッシュカードが少し億劫で、なかなか出番がありません。)

ごろたママ
ごろたママ

ピクチャーディクショナリーは、夜寝る前の絵本タイムで見るのもオススメだよ(^^)

①4つのアクティビティで単語を理解!

すべてのトピックスに基本、以下のアクティビティがあります。

1. Hidden Object

Find the hidden ○ in the picture.」と書かれており、絵や写真の中に隠れている○のアイテムを探させるアクティビティです。

そのアイテムが「ここ~?」というところにあったりしてとても楽しいです(^^)

2. Activity

例えば「Jump up three times.」「Who’s doing homework?」などの質問が書かれています。

指示や質問をこなすことで、単語の理解をより深め、覚えることができます。

3. Dialogs

A:What color’s the shark?

B:It’s gray.

このようにトピックスで出てきた単語を使った会話が載っています。

単語をいろいろ変えることでそのトピックスの単語やフレーズに慣れていきます。

4. Songs and Chants

見るだけで楽しい Longman Children’s Picture Dictionary ですが、50のトピックそれぞれに歌かチャンツ(聖歌)が入っています。

聞いたことの無い曲ばかりだったのでとても新鮮でしたよ!

ごろたママ
ごろたママ

ピクチャーディクショナリーの使い方はいろいろ!
「Point to ○○」と言って子供に絵を探させるだけでも楽しいよ!

②CD付きでかけ流しにも使える!

CD2枚にすべての語彙や会話、歌・チャンツが収録されています。

英語音声のかけ流しにも最適です。

我が家でも購入当日から早速かけ流しリストに加わりました。

無意識のうちに英語の音を聞かせ、その後ピクチャーディクショナリーを開くと、正しい発音で単語を覚えていくことができます。

子ども、特に幼児期の子どもは真似が大の得意なので、ネイティブのような発音を聞けるかもしれませんよ。

※ちなみに日本語手引き、ワードリストつきバージョンもあるようです。

もし買うなら最初に紹介した英語のみのバージョンで問題ないかと思います。

2. Longman Young Children’s Picture Dictionary との違い

Longman の Picture Dictionary には赤い表紙の Longman Young Children’s Picture Dictionary(ロングマン幼児向けピクチャーディクショナリー)があります。

タイトルにYoungとついているのが赤い表紙、ついていないのが青い表紙です。

初めて英語に触れる2~5歳の子どもを対象としています。

全部で270以上の単語を楽しみながら身につけることができます。

こちらも語彙や会話、歌・チャンツを収録したCD付きです。

対象年齢単語数
青い表紙6~12歳800単語
赤い表紙2~5歳270単語

2歳くらいの幼い時や、これから英語に触れていくという幼児は、赤い表紙の Longman Young Children’s Picture Dictionary から始めるといいかと思います。

3. ワークブックでさらに理解を深めよう!

ちなみにワークブックもあります。

ワークブック1

ワークブック2

ごろたママ
ごろたママ

ピクチャーディクショナリーでしっかり学んだ後は、ワークブックでさらに理解を深めるといいね。

4. 迷ったらロングマンに決まり!

ピクチャーディクショナリーを検討しているなら、Longman Children’s Picture Dictionary をオススメします。

今のところ使っていて不便なところはありませんよ。

むしろ日々使えてとても頼れる存在です。

興味があればぜひチェックしてみてくださいね。

Longman-Children’s-Picture-Dictionary
ごろたママ
ごろたママ

ポチっとしていただけるだけで励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました